2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近の記事
Vol. 20 Panasonic GH5S VFR撮影 ..

Vol. 19 Panasonic GH5S ISO設定 ..

Vol. 18 Premiere Pro CC 2018  ..

Vol. 17 Windowsの編集環境の状況 ..

Vol. 16 Windowsの編集環境の状況 ..

Vol. 15 Windowsの編集環境の状況 ..

Vol. 14 Windowsの編集環境の状況 ..

Vol. 13 次期編集環境を考える( ..

Vol. 12 MacBook Pro (Retina, M ..

Vol. 11 MacBook Pro (Retina, M ..

過去ログ
2018年 7月
2017年11月
2017年 9月
2017年 8月
2017年 1月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 7月
2015年 4月
2015年 1月
2014年10月
2014年 5月
2014年 3月
2014年 1月





 



Vol. 20 Panasonic GH5S VFR撮影時の画質
GH5Sはバリアブルフレームレート(VFR)撮影が可能であり、FullHD解像度で最高240fpsでの撮影が可能です。24p収録では10倍のスローとなり、かなり魅力的です。

しかしながら、60fpsよりも高いフレームレートで撮影すると、若干画質が劣化します。

60fpsを超えて100fpsまでは、ごく僅かですが偽信号が出てくるようになります。例えば、衣装の布地のモアレが少し出やすくなります。感じ方には個人差がありますが、ほとんどの場合気にならないレベルだと思います。

100fpsを超えて200fpsまでは、映像が甘くなり偽信号も出やすくなります。衣装に盛大なモアレが出る場合もあります。

200fpsを超えると、画質の劣化に加えて画角も狭くなります。

各フレームレートの画質を比較するうえで、気をつけなくてはならない点があります。

まずひとつめは、HDMI外部モニターを接続してVFRのフレーム数を変更しながら画質を確認する場合は、SDカードに記録中の映像で判断する必要があることです。録画停止中は、画質の劣化がわかりません。

次に、VFRでフレームレートを高くしてゆくと、ビットレートが相対的に低くなることにより、圧縮ノイズが増加することです。FHD30pで収録する場合の映像ビットレートは100Mbpsですが、VFRで120fps収録すると、映像のビットレートは35Mbpsになります。これは、実際にSDカードに収録した映像で確認する必要があります。

by camerakun ¦ 20:30, Wednesday, Jul 04, 2018 ¦ 固定リンク

 

Powered by CGI RESCUE