2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事
Vol. 17 Windowsの編集環境の状況 ..

Vol. 16 Windowsの編集環境の状況 ..

Vol. 15 Windowsの編集環境の状況 ..

Vol. 14 Windowsの編集環境の状況 ..

Vol. 13 次期編集環境を考える( ..

Vol. 12 MacBook Pro (Retina, M ..

Vol. 11 MacBook Pro (Retina, M ..

Vol. 10 Panasonic DMC-GH4にV-L ..

Vol. 9 SONY HDR-AS200Vは近視?

過去ログ
2017年 9月
2017年 8月
2017年 1月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 7月
2015年 4月
2015年 1月
2014年10月
2014年 5月
2014年 3月
2014年 1月





 



Vol. 11 MacBook Pro (Retina, Mid 2012)壊れる
私用と仕事両方で使用しているMacBook Proが、バッテリー駆動中に突然電源が落ちるようになりました。幸い、AppleCareが切れる直前にサポート窓口に問い合わせをしたので、無償修理の対象になりそうです。

このMacBook Pro、購入直後から液晶画面の残像がひどく、一度液晶パネルを交換しています。そして数ヶ月前には画面の乱れや勝手に再起動する現象の修理で、GPUを交換しました。液晶は購入から1年以内なので通常の保証範囲内、GPUはリペアエクステンションプログラム対象で、どちらもAppleCareの恩恵を受けずに無償修理でした。

今回の修理がどのくらいの料金になるかわかりませんが(一律料金適用で4万円程度?)、3年間自然故障に対応してもらえることを考えればAppleCareは加入して損はないように思います。

修理を依頼するにあたり、まずAppleのサポートページからチャットでの問い合わせをしました。Apple Hardware Test(AHT)でもエラーが出ており、何かしらのハード的なトラブルがある可能性は高く、それは電源部らしいということでした。また、頻度は低いもののAC電源で使用中にバッテリーがほとんど充電されないこともありましたので、そのことも伝えていました。

修理(ピックアップ&デリバリー)に出す際は、本体のみ送り、ACアダプタなどは送らないよう指示されました。

数日後、勤務中にAppleから携帯の留守電にメッセージが入っており、電話してほしいとのこと。折り返しかけた電話が、なんと1時間以上(ほとんどの時間は保留の音楽を聴いてましたが)にもなったのは大きな会社なので仕方がないとして、要は追加で「まっくせーふ」を送ってくださいとのこと(他にもいくつか不具合について確認されましたが)。

Mac歴20年ながらお恥ずかしいことに「まっくせーふ」が何なのかすぐにわからなかったのですが、聞き返して「まぐせーふ」だとわかり、つまり「MagSafeコネクタ」がついたACアダプタのことを通称マグセーフと呼ぶことがわかり、まぁ勉強になりました。

そんなこんなで修理は長引き、もうしばらくAdobeCCやDaVinci Resolveを動かせるMac環境が無い日々が続きます。仕事以外の編集作業ができず、camerakun.infoの更新作業もできません。

という、ご報告を兼ねたAppleCareの勧めでございました。

by camerakun ¦ 19:12, Saturday, Oct 10, 2015 ¦ 固定リンク

 

Powered by CGI RESCUE